HOME>オススメ情報>知らないと損をする?大阪で過払い金を請求する際の注意点

過払い金を請求するときの仕組み

賃金業者に取引履歴を請求して、払い過ぎている利息がないか調べましょう。利息を払い過ぎている場合には、返還を要求できます。

過払い金を請求するときに注意すること

クレジットカードが使用できなくなる

過払い金請求を行うと、対象の企業のクレジットカードは使用できなくなります。

最終取引日が10年を超えていないかチェック

最終取引日から10年以上経っていると、時効で過払い金請求ができない可能性が高くなります。

ショッピング枠の残高をチェック

ショッピング枠の返済残高が残っていると、過払い金が返済に充てられて、戻ってこない可能性があります。

信頼できる弁護士に依頼する

過払い金が戻ってきても、手数料が高ければマイナスになってしまいます。良心的な弁護士に依頼しましょう。

家族にバレてしまう可能性がある

裁判所や弁護士からの連絡で、家族に借金がバレてしまう可能性があるので注意してください。

払い過ぎた利息が戻ってくる

女性

大阪でも過払い金請求は積極的に行われていますが、手続きを行うメリットはやはり払い過ぎた利息が戻ってくるということです。今では消費者金融も安心できる金利となっていますが、かつてはグレーゾーン金利と呼ばれる高額な金利が付いていたことがあり、こうした時期に借金をしていた人は金利の負担が大きいため、返済が順調に進まないということも珍しくありませんでした。そして、こうした時期に払い過ぎた利息は返還請求をすることで取り返すことができ、その分で元金を大きく減らせるのがメリットです。

完済した人も手続きできる

女性

大阪でも、多くの利息を支払いながらもすでに完済しているという人は多いものです。そして、現在返済中の人だけではなく、すでに完済している人も過払い金があれば取り戻すことができます。過払い金の時効は10年とされていますので、何年も前に返済が終わっているという人は早めに取引履歴を確認してみましょう。過払い金があっても、すでに時効になっている場合は取り返すことは困難となります。過払い金が発生していることがわかったら、時効にならないまでに早めに手続きを行いましょう。

専門家に相談しよう

女性

過払い金請求は本人が行うことができますが、計算方法がわからない、債権者との交渉が苦手という人もいます。自分で請求することが難しいと感じた場合は、専門家に依頼するとよりスムーズな解決が期待できます。大阪でも多くの法律事務所で対応していますので、まずは無料相談などを活用してみてはいかがでしょうか。

広告募集中